ライフステージで選ぶライフステージ別の備え

結婚

POINT
必要な保障は今後の将来設計に合わせて考えましょう!

人生の大きな転機となる結婚。独身時代は自分ひとりの基準でしたが、これからは家族を守るという観点で保障を考える必要があります。

ただし、共働きなのか、将来的な子供の計画はどうするのか、親との同居はあるのかなど、それぞれの状況によって考えるべき保障は大きく変わってきます。必要な保障は今後の将来設計に合わせて考える必要があります。

結婚期に必要な備え

結婚期のリスクと備え

備え1万一のリスクに備える

一家を支える世帯主に万一のことがあった場合、遺された家族を経済的な面で長く守ることができる保障が必要になります。また共働きなどで、配偶者の収入が生計に寄与している場合は、配偶者に万一のことがあった場合の備えについても検討する必要があります。

検討する保険
メディパル生命保険

備え2住まいや自動車のリスクに備える

結婚を機に新たな住まいに引っ越しをしたり、新居を購入するケースもあります。大切な財産に万一の損害が発生した時の補償をしっかりと準備しましょう。また自動車保険の場合は、年齢条件や運転者範囲などの変化に合わせて補償内容の見直しが必要になります。

検討する保険
火災保険・地震保険
自動車保険

備え3将来の生活に備える

家族の将来設計を考える上で大切なのは、早めに計画的に資金準備をすることです。積立は早ければ早いほど将来設計に有利となりますので、ゆとりある未来の生活のために、若いうちから少しづつでも準備を始めておくことが重要です。

検討する保険
メディパル積立