保険商品一覧取扱保険商品のご案内

火災保険・地震保険

こんな方に
オススメ!

  • 新しくお家を購入される方
  • 加入している火災保険が更新を迎える方
  • 社宅や賃貸住宅にお住まいで「家財」の補償をつけていない方

団体扱火災保険の特徴

団体扱なら、一般のご契約に比べて保険料が 5% 割安に!
大手損害保険会社4社の火災保険をご案内できます。

※ 保険期間5年超もしくは長期一括払の場合は、一般扱でのご案内となります。

  • 保険料は便利な給与天引き!

    保険始期月の2か月後の給与から天引きいたします。

  • ご家族の所有建物も団体扱の対象になります!

    ※配偶者、同居の親族、別居の扶養親族

  • 退職後も引き続き
    団体扱で加入できます!

ワンポイントアドバイス

  • 住まいの補償は
    「ワイドプラン」がおすすめ!

    火災保険の契約プランには、ワイドプラン・ベーシックプラン・エコノミープランの3つがありますが注1、ワイドプランなら火災・落雷、風災・雪災といった基本の補償に加えて、盗難や水災・破損等による損害もカバーできます。
    保険金の支払は破損等によるものが圧倒的に多く、次いで風災・水ぬれ・・・と続きます。
    近年、大型台風や記録的な大雨など今までの想定を超える大災害が発生しております。もしものときに備えて、ぜひ「ワイドプラン」をご検討ください。

    注1 あいおいニッセイ同和損保「タフ 住まいの保険」の場合

    • ※ マンションの中高層階にお住まいの場合は、水災補償を外したプランをご案内することがあります。
  • 地震保険も
    忘れずセットを!

    「地震保険」は、火災保険とセットでの契約が基本です。
    保険期間の中途からセットすることもできますので、お気軽にお問合せください。

    昭和56年6月以降に新築された建物や耐震等級・免震建築物の認定を受けている場合は、割引が適用できる可能性がありますので、確認資料をご用意ください。

    • ※ 地震保険では、建物あるいは家財に、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害が起こったときに保険金が支払われます。
    • ※ 上記損害は、火災保険では補償されません。
  • 「家財」の補償を
    忘れていませんか?

    火災保険は「建物」にかけるものと「家財」にかけるものがあります。
    住まいを購入したときに金融機関で加入したまま・・・という方は「建物」にしか保険がかかっていない可能性があります。
    いざ災害が起きたときにまず必要になるのは、住まいの再建よりも身の回りの生活用品(衣類・家具・家電など)の確保です。
    たとえば、4人家族(世帯主40歳)の場合、標準的な家財の再調達価額は、1,450万円にもなります。
    「家財」にも忘れず保険をかけておくことをおすすめします。

    • ※ 評価額の目安 家財簡易評価表(再調達価額用)2014年4月1日版より抜粋

インフォメーション

引受保険会社
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
東京海上日動火災保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社