保険商品一覧取扱保険商品のご案内

火災保険・地震保険

  • 新しくお家を購入される方
  • 加入している火災保険が更新を迎える方
  • 社宅や賃貸住宅にお住まいで「家財」の補償をつけていない方

団体扱火災保険の特徴

団体扱なら、一般のご契約に比べて保険料が5%割安に!
大手損害保険会社4社の火災保険をご案内できます。

保険料は便利な給与天引き!

保険始期月の2ヶ月後の給与から天引きいたします。

ご家族※の所有建物も団体扱の対象になります!

※配偶者、同居の親族、別居の扶養親族

退職後も引き続き団体扱で加入できます!


ワンポイントアドバイス

メリット1

火災保険は
「火事」以外も補償!

“火災”保険といいますが、カバーできるリスクは様々。
落雷や台風、暴風雨、豪雪… 近年増加している自然災害※による損害も補償します。
また日常生活での「破汚損リスク」も対象にすることができます!

※地震・噴火・津波を原因とする損害は地震保険の対象となります。

メリット2

地震保険に
加入するには?

「地震保険」に単独で加入することはできません。
「建物」や「家財」の火災保険に地震保険をセットする形で加入します。
保険期間の途中からでもセットできます

※当社以外の代理店で火災保険に加入されている場合は、担当代理店にご照会ください。

メリット3

火災保険に入っていても、
「家財」の補償は別!?

火災保険は「建物」と「家財」それぞれに加入する必要があります。家を購入したときに加入したまま…という方は「建物」しか対象になっていない可能性が…。
いざというとき、まず必要になるのは、身の回りの生活用品 (下着や洋服、家具、家電等)です。「家財」にも保険をかけましょう。

※社宅にお住まいの方も「家財」についてご自身で加入が必要な場合があります。


保険契約者(お申込み人)の範囲

  • メディパルグループの役員、社員
  • メディパルグループOB ご本人

インフォメーション

引受保険会社:
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
東京海上日動火災保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社